琉大ハカセ塾受講生が全国大会で分野賞、チャレンジ賞を受賞

琉大ハカセ塾受講生が全国大会で分野賞、チャレンジ賞を受賞


理数・情報分野において、高い意欲や突出した能力を有する小学5・6年生、中学生を発掘し、その能力を伸長させる体系的な取組の開発・実施を支援する「ジュニアドクター育成塾」事業の全国受講生研究発表会が「サイエンスカンファレンス2021」(主催:国立研究開発法人 科学技術振興機構)にて11月6日(土)、7日(日)の2日間にわたりオンラインにて開催されました。全国の実施機関で活動する受講生から選抜された52組の研究発表が行われ、本学の「琉大ハカセ塾」からも2名の受講生が参加し、優秀な発表を行った者に与えられる分野賞とチャレンジ賞を受賞しました。


〇分野賞(物理・化学分野)
「水蒸気で冷える布の開発とその冷却効果」
 田場梨央奈(りおな)さん(球陽中学校・教育学部 福本晃造 准教授指導)

○特別賞(チャレンジ賞)
「微生物燃料電池の可能性を探る~自作は製品に勝てるか~」
 大城輝真(てるま)さん(琉球大学附属中学校・理学部 中川鉄水 助教指導)

分野賞を受賞した田場さんとチャレンジ賞を受賞した大城さん、おめでとうございます!

「ジュニアドクター育成塾」は、理数・情報分野において、高い意欲や突出した能力を有する小学56年生、中学生を発掘し、その能力を伸長させる体系的な取組の開発・実施を支援するもので、全国30機関で約1,200名の受講生が指導を受けています。本学は平成29年度に採択され、「琉大ハカセ塾」としてこれまでに約200名の受講生を受け入れています。令和三年度は第二段階(2年度目)の受講生8名が、本学の研究室でサポートを受けながらそれぞれの研究活動に取り組んでいます。